コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛驒山 ひだやま

1件 の用語解説(飛驒山の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひだやま【飛驒山】

飛驒国(岐阜県の北半)は山国であるうえに,近世の飛驒が山林王国として知られたことに由来する通称。古代の飛驒は飛驒工(ひだのたくみ)の出身地で,当時これらの工匠はおもに宮や官寺などの建築と用材の採運に使役された。大宝・養老令には,飛驒国は里ごとに匠丁10人を1年交替で貢進すること,その代償として庸と調を免除されることが規定されているが,飛驒材が畿内近国へ搬出されるようになるのは中世末ごろからである。1586年(天正14)金森長近豊臣秀吉から飛驒一国を与えられて高山城主となった当時は,産金所得が木材収益を上回っていたが,かねてから飛驒の豊富な山林資源に着目していた江戸幕府は,6代金森頼(よりとき)の1692年(元禄5),奪取にも近い方法によって飛驒の直領化に成功した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飛驒山の関連情報