コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛鳥井雅康 あすかい まさやす

5件 の用語解説(飛鳥井雅康の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

飛鳥井雅康

室町後期の歌人・公卿。飛鳥井雅世の次男。雅親の弟。名は雅康。号を二楽軒・二楽院。法名を宋世。家伝の歌学、蹴鞠を伝え、書道二楽流の祖となる。権大納言正二位に至る。『新撰菟玖波集』に歌を収め、また著書に『歌道鈔』『富士歴覧記』等がある。永正6年(1509)歿、74才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飛鳥井雅康 あすかい-まさやす

1436-1509 室町-戦国時代の公卿(くぎょう),歌人。
永享8年生まれ。飛鳥井雅世(まさよ)の次男。兄雅親(まさちか)の養子となる。家職をつぎ,足利将軍家の和歌,蹴鞠(けまり)両道の師範となった。書道二楽流の祖。正三位,権(ごんの)中納言。文明14年出家し宋世と称した。永正(えいしょう)6年10月26日死去。74歳。号は二楽軒。著作に「宋世口伝」「蹴鞠条々大概」,家集に「雅康卿詠草」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

飛鳥井雅康

没年:永正6.10.26(1509.12.7)
生年:永享8(1436)
室町時代の公家。権中納言雅世の次男。法名は宋世。二楽軒と号す。兄雅親の養子となり,家を継ぎ,権中納言に昇進した。文明13(1481)年には官を辞し,翌年出家。蹴鞠,和歌をよくしたが,ことに書においては二楽流の祖として著名。転折にやや筆癖がみられるが,筆力の充実した,たくましい書風である。

(島谷弘幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あすかいまさやす【飛鳥井雅康】

1436~1509) 室町時代の歌人・書家。雅世の次男。号、二楽じらく軒。法名、宋世。和歌・蹴鞠けまりの名手。歌集「宋世百首」、歌学書「飛鳥井秘伝集」など。書道二楽流の祖とされる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飛鳥井雅康
あすかいまさやす
(1436―1509)

室町時代の公卿(くぎょう)、歌人、書家。飛鳥井雅世(まさよ)の次男。二楽軒(じらくけん)と号す。兄雅親(まさちか)の養子となり、和歌、蹴鞠(けまり)の名手として尊重を受けた。足利(あしかが)将軍家の両道師範をも務めている。官位は権中納言(ごんちゅうなごん)に昇ったが、3年にして辞し、1482年(文明14)には近江(おうみ)松本で薙髪(ちはつ)した。法名を宋世という。家集に『雅康卿(きょう)詠草』『宋世百首』などがあり、歌学書『飛鳥井秘伝集』、紀行『富士歴覧記』を著している。その書は、江戸時代初期に編まれた書流系譜によれば、二楽流の祖として分類されている。[久保木彰一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飛鳥井雅康の関連キーワード久我豊通松木宗綱二条尚基三条実香清水谷公松正親町実胤五辻泰仲木幡雅遠鷹司忠冬檜垣常郷

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone