コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛鳥井雅康 あすかい まさやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飛鳥井雅康 あすかい-まさやす

1436-1509 室町-戦国時代の公卿(くぎょう),歌人。
永享8年生まれ。飛鳥井雅世(まさよ)の次男。兄雅親(まさちか)の養子となる。家職をつぎ,足利将軍家の和歌,蹴鞠(けまり)両道の師範となった。書道二楽流の祖。正三位,権(ごんの)中納言。文明14年出家し宋世と称した。永正(えいしょう)6年10月26日死去。74歳。号は二楽軒。著作に「宋世口伝」「蹴鞠条々大概」,家集に「雅康卿詠草」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

飛鳥井雅康

没年:永正6.10.26(1509.12.7)
生年永享8(1436)
室町時代公家。権中納言雅世の次男。法名は宋世。二楽軒と号す。兄雅親の養子となり,家を継ぎ,権中納言に昇進した。文明13(1481)年には官を辞し,翌年出家。蹴鞠,和歌をよくしたが,ことに書においては二楽流の祖として著名。転折にやや筆癖がみられるが,筆力の充実した,たくましい書風である。

(島谷弘幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

あすかいまさやす【飛鳥井雅康】

1436~1509) 室町時代の歌人・書家。雅世の次男。号、二楽じらく軒。法名、宋世。和歌・蹴鞠けまりの名手。歌集「宋世百首」、歌学書「飛鳥井秘伝集」など。書道二楽流の祖とされる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飛鳥井雅康
あすかいまさやす
(1436―1509)

室町時代の公卿(くぎょう)、歌人、書家。飛鳥井雅世(まさよ)の次男。二楽軒(じらくけん)と号す。兄雅親(まさちか)の養子となり、和歌、蹴鞠(けまり)の名手として尊重を受けた。足利(あしかが)将軍家の両道師範をも務めている。官位は権中納言(ごんちゅうなごん)に昇ったが、3年にして辞し、1482年(文明14)には近江(おうみ)松本で薙髪(ちはつ)した。法名を宋世という。家集に『雅康卿(きょう)詠草』『宋世百首』などがあり、歌学書『飛鳥井秘伝集』、紀行『富士歴覧記』を著している。その書は、江戸時代初期に編まれた書流系譜によれば、二楽流の祖として分類されている。[久保木彰一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

飛鳥井雅康の関連キーワード飛鳥井頼孝飛鳥井宋世戦国時代慕帰絵詞蒲生智閑慕帰絵歌学書没年書家名手歌集

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android