コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛鳥京 アスカノミヤコ

大辞林 第三版の解説

あすかのみやこ【飛鳥京】

飛鳥時代に飛鳥地方に置かれた都の総称。推古天皇の飛鳥豊浦宮とゆらのみや、天武天皇・持統天皇の飛鳥浄御原宮など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

飛鳥京の関連キーワード飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群飛鳥飛鳥浄御原宮田村 吉永中尾山古墳紀阿閉麻呂天武天皇持統天皇推古天皇大津皇子大伴吹負都塚古墳飛鳥時代飛鳥宮跡推古朝板蓋宮大津京高坂王富本銭顕宗

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飛鳥京の関連情報