コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛鳥皇女 あすかのおうじょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飛鳥皇女 あすかのおうじょ

?-700 飛鳥時代,天智(てんじ)天皇の皇女。
母は橘娘(たちばなのいらつめ)。「日本書紀」によれば,持統天皇6年(692)天皇は皇女の別荘にでかけ,2年後に皇女のために,104人を僧とした。文武(もんむ)天皇4年4月4日死去。その際に柿本人麻呂(かきのもとの-ひとまろ)がよんだ歌が「万葉集」巻2におさめられている。明日香皇女ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

飛鳥皇女

没年:文武4(700)
生年:生年不詳
7世紀の天智天皇の皇女。母は嬪橘娘(阿倍倉梯麻呂の娘)で新田部皇女の同母姉。明日香皇女にもつくる。『紹運録』には忍壁皇子の妃とあるが,確証はない。持統6(692)年,持統天皇が皇女の田荘に行幸している。晩年は長く病床にあったらしく,8年,皇女のために沙門104人を出家させたが,これは異例の数である。薨じたとき浄広肆。柿本人麻呂による皇女への挽歌は,草壁皇子,高市皇子への挽歌と並ぶ傑作である(『万葉集』)。皇女の業績は不明であるが,残された史料からみて,持統朝では皇族として重きをなしていたのであろう。

(梅村恵子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

飛鳥皇女の関連キーワード阿倍橘娘業所

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android