コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛鳥皇女 あすかのおうじょ

2件 の用語解説(飛鳥皇女の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飛鳥皇女 あすかのおうじょ

?-700 飛鳥時代,天智(てんじ)天皇の皇女。
母は橘娘(たちばなのいらつめ)。「日本書紀」によれば,持統天皇6年(692)天皇は皇女の別荘にでかけ,2年後に皇女のために,104人を僧とした。文武(もんむ)天皇4年4月4日死去。その際に柿本人麻呂(かきのもとの-ひとまろ)がよんだ歌が「万葉集」巻2におさめられている。明日香皇女ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

飛鳥皇女

没年:文武4(700)
生年:生年不詳
7世紀の天智天皇の皇女。母は嬪橘娘(阿倍倉梯麻呂の娘)で新田部皇女の同母姉。明日香皇女にもつくる。『紹運録』には忍壁皇子の妃とあるが,確証はない。持統6(692)年,持統天皇が皇女の田荘に行幸している。晩年は長く病床にあったらしく,8年,皇女のために沙門104人を出家させたが,これは異例の数である。薨じたとき浄広肆。柿本人麻呂による皇女への挽歌は,草壁皇子,高市皇子への挽歌と並ぶ傑作である(『万葉集』)。皇女の業績は不明であるが,残された史料からみて,持統朝では皇族として重きをなしていたのであろう。

(梅村恵子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

飛鳥皇女の関連キーワードボーイング737個人住民税一律10%化2025年問題フクシマ50ヤスニITT計画プラチナバンド台湾高速鉄道(高鉄)プエブロ文化元本払戻金(特別分配金)Network Server

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone