飛鳥高松塚(読み)あすかたかまつづか

精選版 日本国語大辞典の解説

あすか‐たかまつづか【飛鳥高松塚】

奈良県高市郡明日香村にある径一八メートル、高五メートルの小円墳。内部の石室の凝灰岩壁面に漆喰(しっくい)が塗られ、極彩色で、人物像、四神図、日月像、星宿が描かれている。中国、朝鮮半島の画風の影響がみられる。七世紀末の築造。昭和四七年(一九七二)に壁画を発見。壁画は国宝、古墳は特別史跡に指定されている。高松塚古墳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android