コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食事と癌 しょくじとがん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

食事と癌
しょくじとがん

癌の要因に占める食べ物の割合は 35%といわれている。現在,食べ物に関連して疑われている発癌物質には素材そのものに含まれているもの,加熱などの調理によってできるもの,食品添加物,カビ,食べ物の消化吸収の過程で体内でできるもの,などがあげられている。これまでヒトで食べ物が直接の原因となって癌が発生したという証明はないが,癌の発生を減らすためには,総カロリーに占める脂肪からの摂取分を減らし,塩辛いものや甘いもの,燻製品を少なくし,食物繊維緑黄色野菜を多くとることが必要とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android