食品汚染(読み)しょくひんおせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

食品汚染
しょくひんおせん

食品の有害物による汚染。有害な食品添加物,残留農薬,製造工程での有害物混入により生じる。カネミ油症は製造工程での PCB混入,AF2 は有害添加物,カドミ米は農産物への有害廃棄物吸着,有機リン汚染は農薬,と多岐にわたる。人体への影響も,急性,慢性の中毒,発癌催奇性,アレルギーなど多様である。環境汚染,農法の変化,食品加工の一般化,長期輸送および長期貯蔵の必要性,市場価値の付加など原因も複雑であるが,工業化,大都市化に基本的原因があることは否めない。対策として,食品衛生法,農用地土壌汚染防止法,農薬取締法などによる規制がある。近年では輸入農産物の残留農薬問題などが発生しており,国際的な対応措置も必要とされてきている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

食品汚染

食品が有害物質などで汚染されること。1950年代以降の日本では、イタイイタイ病、水俣病、森永ヒ素ミルク事件、カネミ油症などの公害が発生。いずれも米、魚介類、ミルク、米ぬか油といった食品中に、カドミウム、水銀、ヒ素、ダイオキシン類などが含まれていたことが原因。食品は、農作物起因の残留農薬、発がん性が疑われる食品添加物、動物飼料添加物の抗生物質や成長ホルモン剤、BSE、放射能などで汚染される場合もある。食品汚染防止のために、国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)による合同食品規格計画(CODEX委員会:CODEX Alimentarius Commission)に、食品添加物・汚染物質部会が設置され、全ての食品に対し、重金属類などの安全基準を検討・設定している。

(畑明郎 大阪市立大学大学院経営学研究科教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

世界大百科事典内の食品汚染の言及

【食品】より

…このほか,砂糖のとりすぎと虚血性心疾患,高カロリー食による肥満の問題などが大きな問題として指摘されている。
[食品の安全性]
 食品の安全性を確保することを食品衛生というが,食中毒や食品汚染,癌原性物質などによる慢性疾患の発生などが問題となっている。日本では1947年に〈食品衛生法〉が制定され,食品の製造,管理などについて細かく規定されているが,食品による危害を未然に防止することは容易ではない。…

※「食品汚染」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

食品汚染の関連情報