コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食用ガエル しょくようガエル

4件 の用語解説(食用ガエルの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

食用ガエル【しょくようガエル】

ウシガエル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

食用ガエル

 食用とするウシガエル

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

食用ガエル
しょくようガエル

ウシガエル」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

食用ガエル
しょくようがえる
edible frog

食用とするカエルをさすが、一般にはウシガエルRana catesbeianaの通称として用いる。ウシガエルは北アメリカ原産の種で、1919年(大正8)に日本に移入されたのち、各地で野生化した。カエルは世界各地で食用に供され、ウシガエルのほか、ヨーロッパトノサマガエルR. esculentaの仲間やトラフガエルR. tigrinaが有名である。後者は東南アジアや中国の水田地域に広く生息し、体長10センチメートル前後。中国では田tian-jiとよばれて賞味される。一般にアカガエル科の大形種が食用に供されるが、東南アジアでは小形のヌマガエルR. limnocharisやカニクイガエルR. cancrivoraその他の種も食用とされる。ヒキガエル類は皮膚に有毒物質を含むため、大形であるにもかかわらず利用されない。日本内地にはカエルを食べる習慣がないが、琉球(りゅうきゅう)諸島の一部ではホルストガエルR. holstiなどの大形種が食用とされた。[倉本 満]
 一般には骨つきの後肢を用いる。味は鶏肉を淡泊にしたような感じで、くせがないから、各種の料理に使用できる。フライ、シチュー、つけ焼きなどにする。ウシガエルの肉は冷凍で出回っている。また、中国南部や台湾ではトラフガエルなど小形のカエルを炒(いた)め、スープなどにして食べることが多い。[河野友美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食用ガエルの関連キーワードウシガエル卵用種牛蛙糞蛙食用蛙法師還りグルヌイユ食用ガエル(食用蛙)アフリカウシガエルナンベイウシガエル

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

食用ガエルの関連情報