コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯島幡司 いいじま まんじ

美術人名辞典の解説

飯島幡司

実業家。大阪生。筆名曼史。東京高等商業専攻部卒。神戸高等商業教授・日立造船専務を経て朝日新聞社入社、のち出版局局長・監査役・関西経済連合会会長、朝日放送社長等を務める。著書に『昭和維新』『人間礼賛』等がある。昭和62年(1987)歿、78才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯島幡司 いいじま-まんじ

1888-1987 大正-昭和時代の経営者。
明治21年5月12日生まれ。神戸高商教授をへて大阪鉄工所(現日立造船)専務。昭和7年朝日新聞にはいり論説委員となり,のち朝日放送の社長,会長。カトリック教徒として日伊親善につくした。昭和62年1月11日死去。98歳。大阪出身。東京高商(現一橋大)卒。筆名は曼史。著作に「キリスト教の社会観」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

飯島幡司の関連キーワード紡績連合会昭和時代繊維産業紡績工業実業家

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android