コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯沼貞吉 いいぬま さだきち

1件 の用語解説(飯沼貞吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯沼貞吉 いいぬま-さだきち

1854-1931 幕末-大正時代の武士,官吏。
嘉永(かえい)7年3月25日生まれ。慶応4年会津(あいづ)藩の白虎隊(びゃっこたい)編制のとき15歳を16歳といつわり入隊。新政府軍の会津攻撃の際,飯盛山で隊士19名とともに自刃(じじん)をはかったが,ただひとり生還。維新後貞雄と改名。逓信技師となり,仙台逓信管理局工務部長をつとめ,日清(にっしん)戦争にも従軍した。昭和6年6月12日死去。78歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

飯沼貞吉の関連キーワード角田忠行日置帯刀有馬藤太稲垣長敬田代進四郎堤正誼鶴沢文蔵(5代)鍋島幹渡瀬政礼大正時代美術

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone