コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯田覚兵衛 いいだ かくべえ

1件 の用語解説(飯田覚兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯田覚兵衛 いいだ-かくべえ

?-1632 織豊-江戸時代前期の武将。
加藤清正の家臣。賤ケ岳(しずがたけ)の戦い,天草志岐氏攻略に活躍。文禄(ぶんろく)2年(1593)朝鮮南端の晋州城攻撃に,亀甲(きっこう)車をつくり攻略した。清正の死後,子の忠広につかえた。寛永9年9月18日死去。名は直景。通称ははじめ角兵衛。
【格言など】我一生,主計頭(かずえのかみ)(加藤清正)にだまされたり

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

飯田覚兵衛の関連キーワードグスタフ甲良宗広町田宗加甲良宗広グスタフ小田原藩ビターリ(父子)細川幽斎(1534~1610)薄雪物語円空

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飯田覚兵衛の関連情報