コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯縄権現 いづなごんげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯縄権現 いづなごんげん

飯縄修験者の信仰する神。
飯綱ともかき,飯縄明神ともいう。長野県飯綱(縄)山の飯縄神社にまつられる。その姿は白狐にのった天狗にあらわされ,巫女(みこ)や祈祷(きとう)師などの飯縄使いによる呪法(じゅほう)が,中世から関東・東北などにひろまった。東京八王子薬王院,福井県日永岳,仙台飯縄山などにも飯縄権現がある。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飯縄権現の関連情報