コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

餡掛け あんかけ

世界大百科事典 第2版の解説

あんかけ【餡掛け】

葛(くず)あんをかけた料理。葛ひきともいう。豆腐,野菜,魚貝類,うどん,粥などに適する。葛粉,あるいは片栗粉を水でといて調味しただし汁に流し入れ,火を通して透明な粘液状にしたのが葛あんで,これを蒸したり煮たりした材料に流しかける。あん掛け豆腐は,豆腐をコンブだしなどで煮て中まであたためたところで,上から熱い葛あんをかけ,溶きガラシなどを添えるもので,室町期の《大草家料理書》に〈あん豆腐〉の名で見られる古い料理である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

あんかけ【餡掛け】

あん③をかけた料理。⇒あん

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

餡掛けの関連キーワード固焼き蕎麦/堅焼き蕎麦

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

餡掛けの関連情報