コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香りごぼう

デジタル大辞泉プラスの解説

香りごぼう

奈良県五條市で生産されるゴボウ。茎はやや短め。当地では古くから稲の裏作として春ゴボウを多く栽培していたが、2000年から「五條市北宇智ごぼう組合」を結成し、「香りごぼう」のブランド名で産地復活を目指している。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

香りごぼう[根菜・土物類]
かおりごぼう

近畿地方、奈良県の地域ブランド。
葛城山麓の扇状地砂質排水がよく、水稲裏作で春ごぼうが昭和50年代まで栽培されていた。一時衰退したが、地場野菜への期待の高まりとともに栽培が復活。2000(平成12)年には、五條市北宇智ごぼう組合が結成され、香りごぼうとして春ごぼうの産地復活を目指した取り組みがおこなわれている。肉質はやわらかで香りが高く、あくが少ないため、きんぴら・天ぷらなど用途は広い。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

香りごぼうの関連キーワード奈良県五條市近畿地方

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android