コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香る/薫る/馨る カオル

デジタル大辞泉の解説

かお・る〔かをる〕【香る/薫る/×馨る】

[動ラ五(四)]
よいにおいがする。芳香を放つ。「梅が―・る」
煙・霧・霞(かすみ)などが、ほのかに立つ。立ちこめる。
「塩気のみ―・れる国に」〈・一六二〉
顔などが華やかに美しく見える。つややかな美しさが漂う。
「いみじくふくらかに愛敬づき、あてに―・り」〈栄花・音楽〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

香る/薫る/馨るの関連キーワードゲッカビジン(月下美人)クランキーポップジョイストック(アブラナ科)北長門海岸国定公園香がゆ・聞がゆあいちのかおりALMOND明星 評判屋ひやしあめギンバイカ新木祐子ガム彼!モクセイサポジラ薄匂ひ巌窟王仄めく噫無情芳草戒香

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android