コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芳しい/香しい/馨しい カグワシイ

デジタル大辞泉の解説

か‐ぐわし・い〔‐ぐはしい〕【芳しい/香しい/×馨しい】

[形][文]かぐは・し[シク]《「香(か)細(くは)し」の意》
よいにおいがする。香りがよい。かんばしい。こうばしい。「―・い梅の香り」
心が引かれる。好ましい。すばらしい。
「あなたとの最初の邂逅が、こんなにも、海を、月を、夜を、―・くさせたとしか思われません」〈田中英光・オリンポスの果実〉
「見まく欲(ほ)り思ひしなへに縵(かづら)かげ―・し君を相見つるかも」〈・四一二〇〉
[派生]かぐわしげ[形動]かぐわしさ[名]

かんばし・い【芳しい/×馨しい/香しい】

[形][文]かんば・し[シク]《「かぐわしい」の音変化》
においがよい。こうばしい。「―・い花の香り」「栴檀(せんだん)は双葉より―・し」
(多く打消しの語を伴って用いる)好ましいもの、りっぱなものと認められるさま。「成績が―・くない」
[派生]かんばしげ[形動]かんばしさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

芳しい/香しい/馨しいの関連キーワードワシントン・コンセンサス社会民主党(ドイツ)キリスト教民主同盟クローネンバーグノーベル賞迅速な裁判上条 螘司馬術競技金蘭之契膨らか刈屋梨キーツ走る鉄道シク花香

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android