芳しい(読み)カグワシイ

デジタル大辞泉「芳しい」の解説

か‐ぐわし・い〔‐ぐはしい〕【芳しい/香しい/×馨しい】

[形][文]かぐは・し[シク]《「香(か)細(くは)し」の意》
よいにおいがする。香りがよい。かんばしい。こうばしい。「―・い梅の香り」
心が引かれる。好ましい。すばらしい。
「あなたとの最初の邂逅が、こんなにも、海を、月を、夜を、―・くさせたとしか思われません」〈田中英光・オリンポスの果実〉
「見まく欲(ほ)り思ひしなへに縵(かづら)かげ―・し君を相見つるかも」〈・四一二〇〉
[派生]かぐわしげ[形動]かぐわしさ[名]

かんばし・い【芳しい/×馨しい/香しい】

[形][文]かんば・し[シク]《「かぐわしい」の音変化》
においがよい。こうばしい。「―・い花の香り」「栴檀(せんだん)は双葉より―・し」
(多く打消しの語を伴って用いる)好ましいもの、りっぱなものと認められるさま。「成績が―・くない」
[派生]かんばしげ[形動]かんばしさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android