コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香香 コウコ

大辞林 第三版の解説

こうこ【香香】

〔「こうこう」の転〕
香の物。漬物。

こうこう【香香】

香のもの。漬物。こうこ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の香香の言及

【漬物】より

…室町期には,香(こう)の物,奈良漬といったことばが現れてくる。前者は,みその異名を〈香(こう)〉というところから,本来はみそ漬をいったことばだとされるが,漬物の総称として使われるようになり,香香(こうこう),新香(しんこう),おこうこ,おしんこなどとも呼ばれるようになった。後者は,名酒の産地であった奈良のかす漬を他地方のかす漬と区別して呼んだ名と思われるが,これもまもなく野菜のかす漬の別称のようになった。…

※「香香」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

香香の関連キーワード中村蘭台(初代)幻想香水天津甕星巨勢男人紗手媛御香香巨勢氏乾闥婆香水諾う李季

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

香香の関連情報