馬和之(読み)ばかし

百科事典マイペディアの解説

馬和之【ばかし】

中国,南宋初期の画家。生没年不詳。紹興年間(1131年―1162年)の進士。人物,山水,仏像を描き,北宗画に属しながら南宗画の技法も採り入れ,独自の画風を樹立。高宗の書写した《毛詩》の余白に図を描いたという。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばかし【馬和之 Mǎ Hé zhī】

中国,南宋初の画家。生没年不詳。銭塘(杭州)の人。紹興年間(1131‐62)進士に登第し,官は工部侍郎に至った。一説に画院画家ともいう。呉道子風の蘭葉描を用いて人物,仏像,山水等を描いた。高宗,孝宗は彼を重んじ,つねに《毛詩》三百編を書いては図を写させたという。代表作は《毛詩蕩之什図巻》(藤井有鄰館)。【嶋田 英誠】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android