コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬和之 ばかし

2件 の用語解説(馬和之の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

馬和之【ばかし】

中国,南宋初期の画家。生没年不詳。紹興年間(1131年―1162年)の進士。人物,山水,仏像を描き,北宗画に属しながら南宗画の技法も採り入れ,独自の画風を樹立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばかし【馬和之 Mǎ Hé zhī】

中国,南宋初の画家。生没年不詳。銭塘(杭州)の人。紹興年間(1131‐62)進士に登第し,官は工部侍郎に至った。一説に画院画家ともいう。呉道子風の蘭葉描を用いて人物,仏像,山水等を描いた。高宗,孝宗は彼を重んじ,つねに《毛詩》三百編を書いては図を写させたという。代表作は《毛詩蕩之什図巻》(藤井有鄰館)。【嶋田 英誠】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone