コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬場為八郎 ばば ためはちろう

2件 の用語解説(馬場為八郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

馬場為八郎 ばば-ためはちろう

1769-1838 江戸時代後期のオランダ通詞。
明和6年生まれ。幕府天文台の蝦夷地(えぞち)御用などをつとめ,文化11年本木庄左衛門らと日本初の英和辞書「諳厄利亜(アンゲリア)語林大成」を編集。文政11年シーボルト事件に連座し,出羽(でわ)亀田藩(秋田県)にあずけられ,天保(てんぽう)9年10月19日死去。70歳。肥前長崎出身。本姓は三栖谷(みくりや)。名は貞歴。号は貞斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

馬場為八郎

没年:天保9.10.19(1838.12.5)
生年:明和6(1769)
江戸後期の阿蘭陀通詞。名は貞歴,号は貞斎。父は三栖谷仁平。長崎の生まれ。安永7(1778)年稽古通詞,のち小通詞,大通詞へと昇格。通詞馬場左十郎の養父。文化1(1804)年ロシア遣日使節レザーノフ来航の際,通詞石橋助左衛門と共に応接に当たった。同4年幕府天文台の蝦夷地御用として通詞名村多吉郎と共に出府,翌年蝦夷地に出張。同6年の帰郷までの間にロシア東方進出の歴史書『魯西亜国誌支那聘使章』のほか「支那韃靼」「亜墨利加」(為八郎,多吉郎『異国事情』)を訳呈。同11年本木正栄らの英和対訳辞書『諳厄利亜語林大成』編纂に協力。文政11(1828)年シーボルト事件に連座し永牢。

(吉田厚子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

馬場為八郎の関連キーワード小松原翠渓中村久越耒耜鈴木英仲岡部南嶽本木庄左衛門荒井庄十郎鈴木恕敬(初代)中山作三郎松村元綱

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone