コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬屋原二郎 うまやばら じろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

馬屋原二郎 うまやばら-じろう

1847-1915 明治-大正時代の官僚。
弘化(こうか)4年10月17日生まれ。もと長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。ヨーロッパ留学後,司法省につとめ,函館,神戸,大阪の各地方裁判所長を歴任し,大審院判事となる。明治36年貴族院議員,維新史料編纂(へんさん)局評議員。大正4年11月2日死去。69歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

馬屋原二郎の関連キーワード大正時代弘化

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android