コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高エネルギー・高速度加工 こうエネルギーこうそくどかこうhigh energy and velocity forming

世界大百科事典 第2版の解説

こうエネルギーこうそくどかこう【高エネルギー・高速度加工 high energy and velocity forming】

火薬,高エネルギー放電,圧縮空気などの高エネルギーを使用して,高速で行う金属加工法。小型の機械で大きな加工力が得られ,高速で変形すると低速加工ではできない形状の製品の加工が可能であり,生産能率も高められるなどの面から研究が進められた,第2次大戦後の塑性加工の分野での特徴ある技術開発の一つである。火薬爆発力材料成形力に用いる爆発成形では,従来のプレス機械ではまとめて1回で行うことができなかった成形を1パスで行えるとか,また普通のハンマーで鍛造できなかった材料の加工が可能になるというような利点がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android