高エネルギー・高速度加工(読み)こうエネルギーこうそくどかこう(英語表記)high energy and velocity forming

世界大百科事典 第2版の解説

こうエネルギーこうそくどかこう【高エネルギー・高速度加工 high energy and velocity forming】

火薬,高エネルギー放電,圧縮空気などの高エネルギーを使用して,高速で行う金属加工法。小型の機械で大きな加工力が得られ,高速で変形すると低速加工ではできない形状の製品の加工が可能であり,生産能率も高められるなどの面から研究が進められた,第2次大戦後の塑性加工分野での特徴ある技術開発の一つである。火薬の爆発力を材料成形力に用いる爆発成形では,従来のプレス機械ではまとめて1回で行うことができなかった成形を1パスで行えるとか,また普通のハンマーで鍛造できなかった材料の加工が可能になるというような利点がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android