コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高倉永行 たかくら ながゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高倉永行 たかくら-ながゆき

?-1416 南北朝-室町時代の公卿(くぎょう),有職家。
高倉永季(ながすえ)の子。応永5年従三位,参議となる。翌年正三位にすすむが,出家。家職衣紋(えもん)道を研究し,「法体装束抄」などをあらわした。「装束雑事抄」も永行の著作といわれる。歌人としても知られた。応永23年8月3日死去。法名は常永。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高倉永行の関連キーワード高倉永藤室町時代高倉永季南北朝公卿

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android