コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衣紋/衣文 エモン

デジタル大辞泉の解説

え‐もん【衣紋/衣文】

衣服を形よく、着崩れしないように着ること。また、そのための着用のしかた。
和服の襟の、胸で合わせる部分。「―を合わせる」「抜き―」
衣服。身なり。
人物画彫像における衣装のひだやしわの表現のこと。衣褶(いしゅう)。衣襞(いへき)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

衣紋 (エモン)

植物。渋柿の品種。エモンガキの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

衣紋/衣文の関連キーワード松井 源水(16代目)ビラ・ジュリア美術館引き繕う・引繕う銭持ち首・銭持首熊谷直彦(1)フェルナンデス抜き襟・抜襟突き襟・突襟ガルビハーラ山科 言縄久世 通章久世通章佐屋裏襟見返り柳棟上高見小松拓聖伊藤春斗言継卿記高倉永行仰け衣紋

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android