コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高力蕙圃 こうりき けいほ

1件 の用語解説(高力蕙圃の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高力蕙圃 こうりき-けいほ

1803-1833 江戸時代後期の書家,画家。
享和3年生まれ。肥前平戸藩(長崎県)藩士。江戸で市河米庵(べいあん)に書を,長崎で文人画をまなんだ。天保(てんぽう)4年7月死去。31歳。名は仲実。通称は民九郎。別号に需斎,望月堂,梅陰草堂。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高力蕙圃の関連キーワード若宮丸漂流民ドゥーフ日道白粒岩延命院日道遠州流(茶道)舎密開宗ドゥーフベンティンクギュツラフ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone