コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高取八蔵 たかとり はちぞう

2件 の用語解説(高取八蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高取八蔵 たかとり-はちぞう

?-1654 朝鮮の陶工。
朝鮮名は八山。文禄(ぶんろく)元年黒田長政の家臣につれられて来日。慶長(けいちょう)5年以後,筑前(ちくぜん)(福岡県)の鷹取山麓の永満寺宅間で窯をひらき,高取焼をはじめる。のち内ケ磯窯,山田窯,白旗山窯をひらき,また京都で小堀遠州から茶器製作の指導をうけた。承応(じょうおう)3年8月18日死去。名は重貞。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高取八蔵

没年:承応3.8(1654)
生年:生年不詳
江戸前期の高取焼開祖の朝鮮人渡来陶工。名は八山。諱は重貞。文禄1(1592)年,黒田長政の命を受けた後藤又兵衛の家人桐山常右衛門によって妻と1子と共に渡来した。慶長7(1602)年,高取八蔵の名を賜り,このころ高取焼最初の窯である永満寺宅間窯を開窯。同19年,内ケ磯窯を開窯。寛永初年,長政の死去に伴い,朝鮮への帰国を願い出て黒田忠之の勘気にふれ山田村に蟄居し,山田窯を開窯。寛永7(1630)年,帰参を許され白旗山窯を開窯。このころ,伏見の小堀遠州のもとで茶器制作の指導を受ける。白旗山で没。次男新九郎が八蔵貞明を名乗り2代目を襲名した。

(伊藤嘉章)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の高取八蔵の言及

【高取焼】より

…福岡県の陶器。開窯は,領主黒田長政あるいは加藤清正に従って渡来した朝鮮の陶工八山(日本名は高取八蔵)によるとされている。黒田家が筑前に入部するのは1600年(慶長5)であり,築窯はこの直後のことと推測されている。…

※「高取八蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高取八蔵の関連キーワード高取焼遠州高取朝鮮人虐殺事件藩窯サハリンの朝鮮人県内の朝鮮人労働現場五十嵐次左衛門新九郎副島雲谷朴慶植

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone