コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高妻芳洲 たかつま ほうしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高妻芳洲 たかつま-ほうしゅう

1811-1862* 江戸時代後期の儒者。
文化8年生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)佐伯(さいき)藩の儒官中島米華にまなび,米華の跡をついで藩校四教堂の教授となった。文久元年12月22日死去。51歳。名は友。字(あざな)は士直。通称は廉平。著作に「芳洲詩集」「芳洲文集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高妻芳洲の関連キーワードクライスト藩学一覧サイゴン条約黒住教エルギンベッテルハイムライト坂東彦三郎(3代)合衆国銀行カルル・フリードリヒ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android