高屋近文(読み)たかや ちかぶみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高屋近文 たかや-ちかぶみ

1681-1719 江戸時代中期の神道家。
天和(てんな)元年生まれ。土佐(高知県)の人。京都で出雲路(いずもじ)信直について垂加神道をおさめ,また国学,和歌をよくした。享保(きょうほう)4年6月14日死去。39歳。本姓大宅。通称は源八。号は収駿窩,海南雲山人。著作に「徒然草奥儀抄」「総州文間両社大明神社記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android