コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高山圭三 たかやま けいぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高山圭三 たかやま-けいぞう

1862-1934 明治-昭和時代前期の実業家。
文久2年5月7日生まれ。東京米商会所頭取青木貞三にしたがってヨーロッパの取引所を視察,明治20年大阪堂島米穀取引所支配人。のち共同火災保険,関西信託などの役員をつとめ,日本放送協会理事をかねた。昭和9年3月13日死去。73歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。東京専門学校(現早大)卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高山圭三の関連キーワード実業家

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android