コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高島浅五郎 たかしま あさごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高島浅五郎 たかしま-あさごろう

1821-1864 江戸時代後期の砲術家。
文政4年生まれ。高島秋帆の長男。父に西洋砲術および荻野流砲術をまなぶ。天保(てんぽう)12年父にしたがい武蔵(むさし)徳丸原(東京都)で西洋砲術の演習をおこなう。のち幕府講武所の教授方となり,大砲差図役にすすむ。元治(げんじ)元年3月29日死去。44歳。肥前長崎出身。名は茂武。号は晴城。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高島浅五郎の関連キーワードワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)元治ファナリオテスバイロンマンゾーニウェーラー近・現代ラテンアメリカ史(年表)女医エンゲルスギリシア解放戦争

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android