コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高島轍士 たかしま てつし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高島轍士 たかしま-てつし

?-1707 江戸時代前期-中期の俳人。
西山宗因にまなび,大坂から京都にうつりすむ。東北,北陸地方など各地を旅行し,その成果を撰集(せんしゅう)として刊行。元禄(げんろく)15年各地の俳人遊女にみたてた「花見車」を匿名で刊行し評判をよんだ。宝永4年死去。姓は一説に室賀。別号に風翁,仏狸斎,束鮒巷。編著に「黒うるり」「我が庵」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高島轍士の関連キーワード西山宗因太田白雪轍士

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android