高崎手捺染(読み)たかさきてなっせん

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

高崎手捺染[染織]
たかさきてなっせん

関東地方、群馬県の地域ブランド。
高崎市で製作されている。江戸時代後期、伊勢の商人が高崎を拠点に関東各地に型紙を売るようになった。高崎の染物は、その型紙を用い、藍染して始まったという。その後、友禅染めの産地として知られるようになった。現在も一貫して手づくりされている。群馬県ふるさと伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android