高崎手捺染(読み)たかさきてなっせん

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

高崎手捺染[染織]
たかさきてなっせん

関東地方、群馬県の地域ブランド。
高崎市で製作されている。江戸時代後期、伊勢の商人が高崎を拠点に関東各地に型紙を売るようになった。高崎の染物は、その型紙を用い、藍染して始まったという。その後、友禅染めの産地として知られるようになった。現在も一貫して手づくりされている。群馬県ふるさと伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android