高崎手捺染(読み)たかさきてなっせん

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

高崎手捺染[染織]
たかさきてなっせん

関東地方、群馬県の地域ブランド。
高崎市で製作されている。江戸時代後期、伊勢の商人が高崎を拠点に関東各地に型紙を売るようになった。高崎の染物は、その型紙を用い、藍染して始まったという。その後、友禅染めの産地として知られるようになった。現在も一貫して手づくりされている。群馬県ふるさと伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android