コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高嵩渓 こう すうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高嵩渓 こう-すうけい

1760-1817 江戸時代中期-後期の画家。
宝暦10年生まれ。高嵩谷(すうこく)の子とも,門人婿養子ともいわれる。江戸浅草(せんそう)寺の猩々(しょうじょう)舞の画で評判になったという。文化14年4月7日死去。58歳。江戸出身。名は信宣。字(あざな)は可復。別号玄々斎など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高嵩渓の関連キーワードハモンドハモンドジョン・L.L.B. ハモンド西川扇蔵(2世)山県周南ミッチェルアシュトン(Thomas Southcliffe Ashton)ジョージ(3世)鈴木春信前古典派音楽