コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西川扇蔵 ニシカワセンゾウ

デジタル大辞泉の解説

にしかわ‐せんぞう〔にしかはセンザウ〕【西川扇蔵】

日本舞踊西川流家元の名。初世(?~1756)は千蔵または仙蔵といったが、2世千蔵が扇蔵と改名、以後代々扇蔵を名のる。2世(?~1817)・4世(1792~1845)・5世(?~1860)が江戸の振付師として有名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

にしかわせんぞう【西川扇蔵】

歌舞伎振付師。(1)初世(?‐1756(宝暦6)) 鳴物師で仙蔵といった。(2)2世(?‐1817(文化14)) 初世藤間勘兵衛の門弟で1760年(宝暦10)扇蔵と改名。初世中村仲蔵の所作事鞍馬獅子》《関の扉》《高砂丹前》《勢い》《戻駕》《鬼次拍子舞》などの振付を手がけた。(3)3世 生没年不詳。2世の門弟巳之助がつぐ。(4)4世(1797‐1845∥寛政9‐弘化2) 3世藤間勘兵衛の高弟勘助が3世扇蔵没後,1824年(文政7)扇蔵をつぎ,その才腕が西川流の全盛期をつくった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

にしかわせんぞう【西川扇蔵】

日本舞踊西川流の家元の名。
(二世)(?~1817) 藤間勘兵衛の門下、初世西川仙蔵の門弟。江戸三座の振り付け師となり、「蜘蛛くもの糸」「関の扉」「鷺娘さぎむすめ」などを残した。
(四世)(1792~1845) 前名、藤間勘助。三世藤間勘兵衛の門下。西川家の養子となり、西川流の全盛期を築いた。「勧進帳」「鳥羽絵」「お染」「供奴」などの振り付けが知られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西川扇蔵
にしかわせんぞう

日本舞踊(宗家)西川流の宗家家元名。能の囃子(はやし)方から歌舞伎(かぶき)の鳴物師となり、舞踊にも通じていた西川仙蔵(1698―1756)を初世とし、今日まで10世を継承。[如月青子]

2世

(1718―1808)初世の門弟千蔵で、扇蔵と改める。宝暦(ほうれき)~文化(ぶんか)期(1751~1818)にかけての江戸歌舞伎の名振付師で、『鷺娘(さぎむすめ)』『鞍馬獅子(くらまじし)』『関の扉(せきのと)』などを残し、流儀を確立した。3世(生没年未詳)は2世の門弟が継ぐ。[如月青子]

4世

(1792―1845)3世藤間勘兵衛の高弟藤間勘助が襲名。中村座・市村座の振付師を兼ね、振付けの名人とうたわれ、『勧進帳(かんじんちょう)』『藤娘(ふじむすめ)』『六歌仙(ろっかせん)』『靭猿(うつぼざる)』等々がある。門下から多くの名手を世に出した。5世(?―1860)は4世の高弟。6世は2世藤間勘右衞門(かんえもん)が養子となって継いだが離別。7世(1839―1923)は5世の実子。8世(1857―1923)は7世の女弟子で、扇造を名のる。9世(1906―35)は8世の養女で、夭折(ようせつ)[如月青子]

10世

(1928― )9世の実子が1935年(昭和10)に7歳で襲名した。1970年代からの活躍が目だち、故泉徳右衛門(いずみとくえもん)、花柳芳次郎(はなやぎよしじろう)との「三樹会」公演や、自身の会を続け、秀作『七騎落(しちきおち)』や『夢の富』などがある。平成期に入ってからは「素の会」も始め、回を重ねている。日本舞踊振興財団理事長をつとめ、『鳴神(なるかみ)』『俊寛(しゅんかん)』などのアメリカ公演を企画し、行っている。[如月青子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の西川扇蔵の言及

【西川流】より

…日本舞踊の流派。初世西川千蔵(仙蔵)を流祖とする代々の西川扇蔵は歌舞伎振付師であったが,明治になり直系が絶えて歌舞伎と離れた。以後,家系は門弟筋によって継承され,現家元は10世扇蔵である。…

【羽根の禿】より

…作曲初世杵屋正次郎。振付2世西川扇蔵。江戸の初春,吉原の廓の門口で,禿が羽根つきをして無邪気に遊ぶ風景を描写。…

※「西川扇蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

西川扇蔵の関連キーワード藤間 勘右衛門(2代目)西川 巳之助(3代目)藤間勘右衛門(2代)西川 扇蔵(8代目)西川巳之助(初代)西川巳之助(2代)市山七十郎(2代)西川巳之助(3代)西川鯉三郎(初代)藤間勘十郎(2代)西川扇蔵(10代)花柳寿輔(初代)藤間勘右衛門三つ面子守花川蝶十郎西川鯉三郎林きむ子三人生酔操三番叟大津絵物

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西川扇蔵の関連情報