コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高師世 こうの もろよ

2件 の用語解説(高師世の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高師世 こうの-もろよ

?-1351 南北朝時代の武将。
高師泰の子。高師直の甥(おい)。足利直義(ただよし)と対立した師直にかわり,貞和(じょうわ)5=正平(しょうへい)4年(1349)室町幕府執事。翌年父や師直とともに直義を討つために出陣したが,観応(かんのう)2=正平6年敗れ,和睦後の同年2月26日一族とともに摂津武庫川上杉能憲(よしのり)に討たれた。通称は越後将監。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高師世

没年:観応2/正平6.2.26(1351.3.24)
生年:生年不詳
南北朝時代の武将。高師泰の子。師直は叔父。越後将監と称する。室町幕府執事。父師泰と共に各地を転戦。貞和4(1348)年ごろ小侍所頭人となる。貞和5年に足利直義と高師直が対立し,直義のために師直が執事を罷免されると,閏6月足利尊氏によってその後釜に任命される。しかし,同年8月,師直がクーデタを起こして直義を撃とうとし,幕府の主導権を握ると,再び師直が執事に返り咲いた。観応の擾乱(1350~52)初期の2カ月間,師直の代理として幕府執事に補任されている。観応1/正平5(1350)年師泰や師直と共に直義派を撃つために中国地方に出陣したが,直義軍に敗れ,和睦したのち,上洛する途中摂津国武庫川辺で上杉能憲によって一族と共に殺害された。師世は能憲の家臣長尾景守に討たれたと伝えられている。

(伊藤喜良)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高師世の関連キーワード高師冬井伊高顕上山高元高師詮高師夏佐波善四郎畠山直宗日根野時盛薬師寺公義和田正朝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone