コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉能憲 うえすぎ よしのり

4件 の用語解説(上杉能憲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉能憲 うえすぎ-よしのり

1333-1378 南北朝時代の武将。
正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年生まれ。貞和(じょうわ)5=正平(しょうへい)4年養父上杉重能高師直(こうの-もろなお)に殺され,実父上杉憲顕をたよる。観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)では足利直義(ただよし)に属し,摂津武庫川(兵庫県)で師直ら高一族を殺害。足利尊氏に流罪とされたが,のちゆるされて応安元=正平23年上杉朝房とともに関東管領に就任,武蔵(むさし)・上野(こうずけ)(群馬県)・伊豆(いず)の守護となった。永和4=天授4年4月17日死去。46歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

上杉能憲

没年:永和4/天授4.4.17(1378.5.14)
生年:正慶2/元弘3(1333)
南北朝時代の武将。関東管領。兵部少輔。憲顕の子であるが,一族の上杉重能の養子となる。(足利)直義派の中心にいた養父重能が貞和5/正平4(1349)年,高師直のために殺されると,鎌倉の実父憲顕のもとで活動し,観応2/正平6年直義を助けるべく関東の軍勢を率いて上京し,養父の敵である師直ら高一族を摂津武庫川で暗殺した。しかし直義派が結局敗北すると,父憲顕と共に10年の間雌伏し,その後共に復権を果たした。応安1/正平23年に父が死去すると,従兄弟の上杉朝房と共に関東管領となり,その後10年にわたって鎌倉の政務を主導した。若いころは血気盛んな武将であったが,のちには堅実な政治家となり,義堂周信とも親交があった。晩年は宅間谷に住んでいたことが確認される。

(山田邦明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うえすぎよしのり【上杉能憲】

1333‐78(元弘3‐天授4∥永和4)
南北朝時代の武将。上杉憲顕の子,上杉重能の養子。養父重能が高師直に殺害されると,1350年(正平5∥観応1)常陸で挙兵し,高師冬を甲斐に攻め殺し,観応の擾乱(じようらん)中一時的に尊氏・直義の和議が成立した直後,高師直を兵庫に殺害して養父の仇を討つ。そのため流罪に処せられたが,後に許され68年(正平23∥応安1)関東管領となり,上野,武蔵,伊豆の守護となる。【伊藤 喜良】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上杉能憲
うえすぎよしのり
(1333―1378)

南北朝時代の武将。山内(やまのうち)上杉憲顕(のりあき)の子。重能(しげよし)の養子となり詫間(たくま)上杉氏を継ぐ。1349年(正平4・貞和5)、養父重能が足利尊氏(あしかがたかうじ)の執事高師直(こうのもろなお)に殺されると、憲顕を頼った。尊氏、直義(ただよし)兄弟が争った観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)では直義党に属し、両者和解の時期に高師直を摂津武庫川(むこがわ)に殺し(1351)、養父の仇(あだ)を報じた。そのため尊氏によって流罪に処せられたが、やがて許され、68年(正平23・応安1)父憲顕にかわって、上杉朝房(ともふさ)とともに関東管領(かんれい)となり、上野(こうずけ)、武蔵(むさし)、伊豆守護にも任ぜられた。鎌倉に報恩寺を建立し、没後そこに葬られた。法名報恩寺敬堂道[峰岸純夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上杉能憲の関連キーワード関東管領高師冬上杉朝房上杉憲孝上杉憲春上杉房顕金谷経氏吉良満義斯波兼頼頼印

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone