コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高木松居 たかぎ しょうきょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高木松居 たかぎ-しょうきょ

1828-1880 江戸後期-明治時代の漢学者。
文政11年生まれ。はじめ坂井虎山の門にはいり,のち大坂の篠崎小竹にまなぶ。文久元年郷里の安芸(あき)(広島県)にもどり,多数の門下を教えた。明治13年7月23日死去。53歳。名は忠。字(あざな)は子高。通称は忠次郎。著作に「左氏伝講義」「松居詩集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高木松居の関連キーワード明治時代漢学者

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android