コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高杉小忠太 たかすぎ こちゅうた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高杉小忠太 たかすぎ-こちゅうた

1814-1891 江戸時代後期の武士。
文化11年10月13日生まれ。高杉晋作の父。長門(ながと)(山口県)(はぎ)藩士。藩主毛利敬親(たかちか)につかえ,小納戸役,直(じき)目付などをつとめる。版籍奉還後は山口藩大監察,権大参事。明治4年引退後は毛利家の家記編修にたずさわった。明治24年1月27日死去。78歳。名は春樹。通称は別に小左衛門,丹治。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

高杉小忠太 (たかすぎこちゅうた)

生年月日:1814年10月13日
江戸時代末期;明治時代の長州(萩)藩士
1891年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

高杉小忠太の関連キーワード明治時代生年月日長州

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android