高松宮宣仁親王(読み)たかまつのみや のぶひとしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高松宮宣仁親王 たかまつのみや-のぶひとしんのう

1905-1987 大正天皇の第3皇子。
明治38年1月3日生まれ。母は貞明皇后。大正2年高松宮家を創立して有栖川宮(ありすがわのみや)家の祭祀(さいし)をつぐ。第二次大戦末期,国体護持を条件に和平工作を推進。戦後は日本美術協会,国際文化振興会の総裁,日本赤十字社名誉副総裁などをつとめた。昭和62年2月3日死去。82歳。海軍大学校卒。幼称は光宮(てるのみや)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android