コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高松誓 たかまつ せい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高松誓 たかまつ-せい

1855-1903 明治時代の僧。
安政2年生まれ。真宗大谷派。真宗大学寮(現大谷大)にまなび,はじめ東本願寺につとめ,のち台湾の彰化別院を主宰。さらに清(しん)(中国)の厦門(アモイ)に東本願寺南清布教総監部をもうけて厦門別院を主宰した。明治36年8月4日死去。49歳。筑後(ちくご)(福岡県)出身。本姓国友

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高松誓の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android