高桑純夫(読み)たかくわ すみお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高桑純夫 たかくわ-すみお

1903-1979 昭和時代の哲学者。
明治36年6月4日生まれ。中世スコラ哲学を研究,昭和15年陸軍士官学校教授となる。戦後唯物論哲学に転じ,主体性論争で活躍。東京女子医大教授,愛知大教授を歴任。40年から原水爆禁止国民会議事務局長をつとめた。昭和54年5月21日死去。75歳。奈良県出身。上智大卒。著作に「中世精神史叙説」「人間の自由について」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android