高桑純夫(読み)たかくわ すみお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高桑純夫 たかくわ-すみお

1903-1979 昭和時代の哲学者。
明治36年6月4日生まれ。中世スコラ哲学を研究,昭和15年陸軍士官学校教授となる。戦後唯物論哲学に転じ,主体性論争で活躍。東京女子医大教授,愛知大教授を歴任。40年から原水爆禁止国民会議事務局長をつとめた。昭和54年5月21日死去。75歳。奈良県出身。上智大卒。著作に「中世精神史叙説」「人間の自由について」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android