コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋五郎 たかはし ごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋五郎 たかはし-ごろう

1856-1935 明治-昭和時代前期の評論家,英語学者,翻訳家。
安政3年6月生まれ。植村正久とまじわり,S.R.ブラウンに師事し,その「新約聖書」邦訳の事業にくわわる。井上哲次郎のキリスト教排斥論に対し植村,大西祝(はじめ)らとともに反論した。昭和10年9月7日死去。80歳。越後(えちご)(新潟県)出身。本名は吾良。号は在一居士。訳書に「プルタルク英雄伝」「カーライル仏国革命史」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高橋五郎

没年:昭和10.9.7(1935)
生年:安政3.6(1856)
聖書翻訳家,著述家。越後(新潟県)柏崎の庄屋に生まれる。本名吾良。群馬郡高崎の竜門寺で仏教と漢学を習う。明治8(1875)年横浜に行き植村正久の紹介でS.R.ブラウンに師事し,聖書の翻訳に参加する。『六合雑誌』『国民之友』に論文を多数執筆する。早稲田,立教などで英学を教える。井上哲次郎との「教育ト宗教ノ衝突」論争では,キリスト教教育を擁護する立場で論陣を張る。カトリック最初の日本語聖書『聖福音書』2巻(1895~97)の訳業にも寄与する。多彩な文才の持ち主であった。<参考文献>海老沢有道『日本の聖書』,鈴木範久『明治宗教思潮の研究』,杉井六郎「高橋五郎小論」(『「六合雑誌」の研究』)

(原島正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

高橋五郎の関連キーワード海老沢有道

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高橋五郎の関連情報