コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六合雑誌 りくごうざっし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六合雑誌
りくごうざっし

明治・大正期のキリスト教系の思想雑誌。 1880年 10月小崎弘道植村正久らが東京キリスト教青年会を起し,その機関誌として創刊した。第7号 (1881.4.) 所載の小崎の『近世社会党ノ原因ヲ論ズ』は,日本で初めてマルクス主義に言及した論文として有名。その後も社会主義運動への理解を示し,98年社会主義研究会が発足したのち,99年安部磯雄が主筆となってこの研究会の機関誌的役割をになった。 1921年廃刊。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

りくごうざっし〔リクガフザツシ〕【六合雑誌】

明治13年(1880)小崎弘道植村正久らがキリスト教青年会の機関誌として発刊した雑誌。思想・文学・教育・政治・社会にわたる革新的論文を掲載した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

六合雑誌【りくごうざっし】

明治・大正期のキリスト教雑誌。月刊。六合はcosmosの訳語で,宇宙(天地と四方)の意。1880年小崎弘道が植村正久,田村直臣らとはかって創刊。内容はキリスト教のわくを破って,マルクスを紹介するなど社会・労働問題にまで及んだ。
→関連項目大西祝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りくごうざっし【六合雑誌】

キリスト教を基礎とした月刊総合雑誌(1880‐1921)。小崎弘道(のちに横井時雄,原田助など)を編集人とし,東京YMCA(のちに警醒社,六合雑誌社)より刊行され,とくに進化論,合理主義,国家道徳の問題に取り組んだ。1890年代より自由主義神学に赴き,98年よりユニテリアン誌《宗教》と合併し,日本ゆにてりあん弘道会刊行となる。安部磯雄らによる社会問題社会主義者の理論や活動に関する論文が多くなったこともあるが,その革新的論調は社会に大きな影響力をもった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

りくごうざっし【六合雑誌】

1880年(明治13)小崎弘道、植村正久らが創刊したキリスト教を基礎とする月刊雑誌。思想・文学・政治・社会問題などにわたって革新的な論評を展開した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六合雑誌
りくごうざっし

1880年(明治13)5月、小崎弘道(こざきひろみち)らが東京基督(キリスト)教青年会をおこし、10月に青年会雑誌局から創刊したキリスト教の総合雑誌。月刊、天地22.5センチメートル×15.5センチメートル、64ページ、定価10銭。「六合」はコスモス(宇宙)の意。創刊号には、発行の趣意のほか、高橋五郎(吾良(ごろう))の「宗教と哲学」、小崎訳の「人類ノ起源」、「印度(インド)沿革ノ説」、雑録、雑報、中村正直(まさなお)(敬宇)、津田仙(せん)の祝詞がある。編集内容は、宗教のほか、修身、学術、教育、政治、経済などであるが、のちに社会、哲学、思想、文芸に及んだ。執筆者は、浮田和民(かずたみ)、植村正久、フルベッキ、竹越与三郎、徳富蘇峰(そほう)、大西祝(はじめ)、加藤弘之(ひろゆき)、内村鑑三ほか。小崎の「近世社会党ノ原因ヲ論ス」(1881年5月号、第7号)は、マルクスの社会主義を日本に紹介した最初の論文といわれている。また、日清(にっしん)戦争後の社会主義運動に大きな影響を及ぼした。
 編集は小崎のあと、安部磯雄(あべいそお)、鈴木文治(ぶんじ)、工藤直太郎らがかかわった。発行所は、警醒(けいせい)社、日本ゆにてりあん弘道会、統一基督教弘道会、六合雑誌社と変わった。1921年(大正10)2月、第41巻第2号で終刊した。[矢作勝美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の六合雑誌の言及

【大西祝】より

…1891年東京専門学校(現,早大)講師となり,98年まで哲学,心理学,論理学,倫理学,美学などを担当し,坪内逍遥とともに早大文科の基礎を築いた。《六合(りくごう)雑誌》を編集し,評論界でも鋭筆を発揮し,96年には姉崎正治らと〈丁酉(ていゆう)倫理会〉を組織した。98年ドイツに留学し,その間京都帝大文科大学学長就任が内定していたが,病気のため99年帰国し,翌年没した。…

【小崎弘道】より

…熊本藩士の子に生まれ,熊本バンドに入るが,キリスト教入信は少し後である。1879年同志社卒業後東京で伝道し,《六合雑誌》《東京毎週新報》を刊行し,新島襄の死後同志社の校長ついで社長(1890‐97),さきの東京伝道でその基礎をつくった霊南坂教会牧師(1899‐1931),引退後同教会名誉牧師となった。彼の《政教新論》(1886)は封建教学である儒教を鋭く批判し,近代国家の建設にはキリスト教を精神的基礎とすべきことを唱えるが,その発想は儒教的である。…

※「六合雑誌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone