高橋庄蔵(読み)たかはし しょうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋庄蔵 たかはし-しょうぞう

1836-1891 幕末-明治時代の庄屋,治水家。
天保(てんぽう)7年生まれ。豊前(ぶぜん)上毛郡(福岡県)の人。野田村の大庄屋。明治6年からは上毛・下毛2郡の大区長をつとめる。11年灌漑(かんがい)用の矢方池の築造を計画し,私財を投じて21年に着工したが明治24年10月急死した。56歳。池はその10年後に完成。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android