コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋揆一郎 タカハシキイチロウ

デジタル大辞泉の解説

たかはし‐きいちろう〔‐キイチラウ〕【高橋揆一郎】

[1928~2007]小説家。北海道の生まれ。本名、良雄。住友石炭鉱業退社後、執筆に専念。「伸予」で芥川賞受賞。他に「ぽぷらと軍神」「友子」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

高橋揆一郎【たかはしきいちろう】

小説家。本名良雄。北海道生れ。札幌師範学校中退。小学校代用教員,住友石炭鉱業勤務を経てイラストレーターとなる。処女作《すかんぽ》は北海道新聞文学賞最終候補に残る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋揆一郎 たかはし-きいちろう

1928-2007 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和3年4月10日生まれ。昭和23年住友石炭鉱業に入社,45年退社して同人誌「くりま」にくわわり,執筆に専念。48年「ぽぷらと軍神」で文学界新人賞,53年「伸予」で芥川賞,平成4年「友子」で新田次郎文学賞。郷里北海道にとどまって,生活者への共感を作品化しつづけた。平成19年1月31日死去。78歳。札幌師範中退。本名は良雄。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高橋揆一郎の関連キーワード氷柱忌高橋

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android