コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良雄 りょうゆう

2件 の用語解説(良雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良雄 りょうゆう

1778-1839 江戸時代後期の僧。
安永7年生まれ。越前(えちぜん)(福井県)の人。真宗大谷派。深励(じんれい)に師事し,京都にでて顕教と密教をまなび,梵文(ぼんぶん)を研究する。文化10年帰郷して南条郡金粕の憶念寺を再興。のち東本願寺の高倉学寮の寮司となり,擬講にすすんだ。天保(てんぽう)10年7月20日死去。62歳。字(あざな)は徳母,金洲。号は仏行房。著作に「浄土見聞集講義」など。

良雄 りょうおう

1746-1815 江戸時代中期-後期の僧。
延享3年生まれ。真言宗。薩摩(さつま)(鹿児島県)興全寺で出家。京都智積(ちしゃく)院でまなび,文化3年謙順の命により下野(しもつけ)(栃木県)満願寺の住職となる。声明(しょうみょう)にすぐれ,書もよくした。文化12年死去。70歳。薩摩出身。俗姓は橋口。字(あざな)は浩然。号は如蠖(にょかく),穆如(ぼくにょ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

良雄の関連キーワード片倉寿繁行智(2)甲賀文麗順阿槌音成鶴脛高女出目満忠林伯英松平乗寛三上曇蔵

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

良雄の関連情報