コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良雄 りょうゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良雄 りょうゆう

1778-1839 江戸時代後期の僧。
安永7年生まれ。越前(えちぜん)(福井県)の人。真宗大谷派。深励(じんれい)に師事し,京都にでて顕教と密教をまなび,梵文(ぼんぶん)を研究する。文化10年帰郷して南条郡金粕の憶念寺を再興。のち東本願寺の高倉学寮の寮司となり,擬講にすすんだ。天保(てんぽう)10年7月20日死去。62歳。字(あざな)は徳母,金洲。号は仏行房。著作に「浄土見聞集講義」など。

良雄 りょうおう

1746-1815 江戸時代中期-後期の僧。
延享3年生まれ。真言宗薩摩(さつま)(鹿児島県)興全寺で出家。京都智積(ちしゃく)院でまなび,文化3年謙順の命により下野(しもつけ)(栃木県)満願寺の住職となる。声明(しょうみょう)にすぐれ,書もよくした。文化12年死去。70歳。薩摩出身。俗姓橋口。字(あざな)は浩然。号は如蠖(にょかく),穆如(ぼくにょ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

良雄の関連キーワード尾上菊次郎(4代)日本宣伝美術協会泉岳寺・泉嶽寺小山源五右衛門大野九郎兵衛貝賀弥左衛門大星由良之助矢頭右衛門七神保光太郎大石内蔵助岡野治太夫高橋揆一郎高田郡兵衛堀部安兵衛安達潮花浅野長矩南条神興勝田蕉琴赤穂浪士浅井元秋

良雄の関連情報