コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋文中 たかはし ぶんちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋文中 たかはし-ぶんちゅう

1729-1800 江戸時代中期-後期の医師。
享保(きょうほう)14年生まれ。高橋東洋の3男。医術を清水良庵,香川修庵に,儒学を井上蘭台にまなぶ。山県大弐(やまがた-だいに)とまじわり,明和事件に連座して入獄。出獄後江戸で医業をいとなみ,のち陸奥(むつ)盛岡藩の医員となった。寛政12年8月8日死去。72歳。陸奥閉伊郡(岩手県)出身。名は元吉。号は国川。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高橋文中の関連キーワードスボーロフインド哲学石田梅岩竹内式部日本の医学史(年表)スボロフ大薩摩主膳太夫デーニスイースター島小石元俊

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android