コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋杏村 たかはし きょうそん

美術人名辞典の解説

高橋杏村

幕末の画家。美濃生。名は九鴻、字は景羽、通称は友吉・惣右衛門、別号に爪雪・塵遠草堂等。京都に出て中林竹洞に南宋画を、頼山陽に書を学ぶ。詩を能くし、梁川星巌、小原鉄心らと親交を結んだ。慶応4年(1868)歿、64才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋杏村 たかはし-きょうそん

1804-1868 江戸時代後期の画家。
文化元年生まれ。中林竹洞にまなび,山水画をよくする。また書を頼山陽にまなび,詩にもすぐれていた。慶応4年5月4日死去。65歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。名は九鴻。字(あざな)は景羽。通称は惣右衛門。別号に爪雪,鉄鼎,塵遠草堂。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高橋杏村の関連キーワード原三渓