高橋東華(読み)たかはし とうか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋東華 たかはし-とうか

1732-1801 江戸時代中期-後期の画家。
享保(きょうほう)17年生まれ。筑前(ちくぜん)博多で呉服商をいとなみ,屋号を越後屋と称する。長崎の熊代熊斐(ゆうひ)にまなび,花鳥山水をよくした。享和元年8月死去。70歳。名は彦之甫。別号に高邦,上清堂,湊橋隣舎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android