高津 柏樹(読み)タカツ ハクジュ

20世紀日本人名事典の解説

高津 柏樹
タカツ ハクジュ

江戸時代末期〜大正期の僧侶 万福寺住職;黄檗宗管長。



生年
天保7年4月7日(1836年)

没年
大正14(1925)年9月1日

出生地
豊前国小倉(福岡県)

旧姓(旧名)
青柳

経歴
豊前小倉藩士・青柳彦十郎の二男に生まれ、のち黄檗宗の僧となる。豊前福聚寺の月桂に依って得度し、その法を嗣ぐ。明治2年万福寺の紀綱改革に参加し、豊前養徳院の住持となる。5年教務省の命により宗務代理となり、6年神奈川県小教院長に就任、12年訓盲院の創設に尽力し、20有余年に渡り盲啞生徒の誘導に専心した。44年黄檗宗管長となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android