コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高津柏樹 たかつ はくじゅ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高津柏樹 たかつ-はくじゅ

1836-1925 幕末-大正時代の僧。
天保(てんぽう)7年4月7日生まれ。黄檗(おうばく)宗。豊前(ぶぜん)小倉(福岡県)福聚寺の月桂の法をつぐ。明治2年万福寺の紀綱改革に参加し,豊前養徳院の住持となる。6年神奈川県小教院長に就任し,訓盲院の創設につくす。44年黄檗宗管長。大正14年9月1日死去。90歳。俗姓は青柳。法名は曄森(ようしん)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高津柏樹の関連キーワード郡内騒動天保の飢饉ニコライ森次左衛門渡辺政香薩埵徳軒ボウイ化政文化テキサス併合浜田藩

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone